例会 部会2019

2019/7/20

 新森会員が製作しているキットです。 エアフィックスのアルファジェットとタイコンデロガ級ですね。 アルファジェットはフジミもあると思ったのですが、どうやら欠点があるみたいですね。
 加藤会員が製作していたパワードスーツが完成しました。 けっこう大きいですね。 
 竹下会員の作品です。 タミヤのゲパルトです。 実は延長された車体が再現されていないという話はAFVモデラーの中では有名だそうです。
 岡田会員の作品です。 前からはお見せできないので後ろから。
 村田会員の作品です。 テイルフック・クラブのテーマ作品ですね。 ギラギラ輝いています。 さすがですね。

2019/7/13

 部会を開催しました。 その時に珍しいキットを拝見しました。オールダイキャストのキットです。 フラップやエルロン、脚も可動、収納できます。 そしてシーファイア Mk.45という希少なアイテム、珍しい。
 ダイキャストなので加工はかなり困難だと思われます。本格的な工作機械がないとできないですよね。
 翼は厚板のエッチングを加工してはるという尋常ではない難しさ。 そんなの無理だよ。 でも完成見本があるので、少なくとも完成させたひとがいるんですよね。 ほんと珍しいキットですね。

2019/7/6

 裕行氏の作品です。 ハセガワ 1/48 F-104S
 どらえもんさんの作品です。 フンメルです。ウェザリングがいい感じです。
 新森会員です。 いぶきはデカールを貼ったのですが、デカールの扱いにコツがいるようです。苦労していました。
 岡田会員の作品です。 「藍より青し」の桜庭葵 です。 コトブキヤ 1/8 です。自作した横の小物や畳のベースがいい雰囲気を出しています。岡田会員の超絶技巧が光る素晴らしい作品です。
 加藤会員が製作しているパワードスーツはここまできました。 意外と大きいですね。
 竹下会員の作品です。 ハセガワ 1/48 F-16A です。A型は今となってはプレミアキットですね。 表面の細かな表情がいい感じです。

2019/6/30

 部会を開催しました。 今回は新入会員が訪問しました。
 村山会員は帝国海軍駆逐艦を持参しました。
 新森会員は映画に触発されて自衛艦を製作しています。 いぶきも製作していますね。 搭載するのはF-35よりもハリアーのほうがいいな~~。
 とても珍しいキットを拝見しました。 グンゼ産業のハイテックシリーズです。 ダイキャストの船体とホワイトメタルの小物というキットです。 発売当時、キットが500円ぐらいの時に大和などは15000円という超高価なキットでした。スケールは1/1000です。 今じゃ考えられないようなキットです。

2019/6/22

 竹下会員が製作していたハスラーが完成しました。 竹下会員らしい美しい作品です。 銀塗装でも研ぎ出しをしているそうです。
 岡田会員の作品です。 ナディアですね。 何気に超絶モデリングです。 パラソルは自作というから驚きです。 金属線で骨組みを製作し、紙を張って再現しています。
 加藤会員が製作している作品です。 宇宙の戦士という作品に登場するパワードスーツのキットです。
 中は人が乗っています。 昔のキットはこんな感じのキットが多かったですね。
 裕行氏の作品です。 レジンパーツてんこ盛りです。
 今泉会員の作品です。 今はウェザリングをしている最中ということです。 他にもいくつか進行していました。
 新森会員の作品です。 ハセガワのミラージュ F1です。 いいキットですね。

2019/6/15

 部会を開催しました。 今回も机上は作品でビッシリです。
 テーマに沿って製作されていますが、ミラージュシリーズは人気ですね。
 一幸会員の作品です。 プファイルです。 ドラゴンのキットなのにすごいきれいな仕上がりで凄いですね。
 鈴木会長は続けてイタリア機を製作しました。
 一幸会員の作品です。 ウーラガンです。迷彩というイメージがあるのでこのマーキングは新鮮です。 最初、何かわかりませんでした。

2019/6/8

 右のレジアーネ2002は鈴木会員の作品です。 イタレリ 1/48 です。 イタレリだと侮れません。いいですね。 ビゲンは新森会員の作品です。 古いハセガワですが、まとまっていますね。 1/72ですが、レジアーネより大きいです。ビゲンの大きさがわかろうというものです。
 細田会員の作品です。 ピラニアの対空型?なのでしょうか、珍しいですね。 本人はよくわからないけどSFっぽいということで製作したそうです。 きっかけは何であれいいことですね。
 細田会員が製作している作品です。ドルバックです。久しぶりの製作ですね。 今回も大幅に手が入っています。完成が楽しみです。
 加藤会員の作品です。 旧オーロラのキットです。 電飾を仕込んで光らせています。 おぉ~不気味ですね。

2019/5/25

 ホビーショーが終わり、早速部会を開催しました。
 一幸さんの作品です。 ドボワチン D-510 です。 死神のマーキングはよく使われたモチーフですね。
 同じく一幸さんの作品です。 こちらもドボワチンです。
 グロスターのパイオニアジェットとハインケルのV-178 です。さすがのコレクションですね。
 ミラージュ F.1 は伊藤会員(帝王)の作品です。 色の感じがいいですね。
 鈴木会長の作品です。 イタレリ F-5F です。 凸彫りですが、気になりませんでした。 迷彩はフリーハンドで塗装したそうです。
 同じく鈴木会長の作品です。 トランペッター Tu-16 バジャー です。 スケールは 1/144です。 これぐらいがちょうどいい大きさですね。 カワウソのようだと比喩していましたが、確かにそう見えます。
 今回もそのまま例会に参加です。 新森会員の作品です。 ヤマトはDVDボックスに付属していたTVアニメ版を再現した限定キットです。 現在とは違う、寸詰まり感のあるフォルムが魅力的です。 自分らがテレビを見て熱狂したヤマトはこのフォルムです。
 同じく新森会員の作品です。 ブラックタイガーです。フォルムはいじっていないそうです。
 竹下会員のハスラーは塗装まで進みました。 美しい塗装ですが、本人は納得していない様子でした。志が高いですね。

2019/4/27

 部会を開催しました。 トーネードは一幸さんの作品です。
 分(清水会員)はバラクーダを製作していますが、大変なキットです。ホビーショーに間に合わせたいですね。
 今泉会員はこんな状態です。 あれこれ凝って手が入っています。間に合うのか?
 の日は例会もありました。 鈴木会員の作品です。ホビーボス 1/72 F-5E タイガーⅡ です。 このキットはイタレリのコピーみたいです。
 新森会員の作品です。 動力銃座を取ったデファイアントをお色直しした作品です。 一応艦上戦闘機となっています。フルマーよりまともに見える((笑)) シーデファイアント?さてネーミングセンスを問われますよ。
 どらえもんさんの作品です。 Me262Bです。 エアフィックス 1/72 ですが、繊細なモールドでいい感じです。
 裕行氏の作品です。ブリティッシュファントム F.3 と言われるタイプを製作してきました。 ハセガワかと思ったら、なんとボークスのキットでした。 F-4Jベースですね。 胴体後部の形状を修正しています。なんでもレジンパーツがあるそうです。
 加藤会員の作品です。 タミヤ 1/35 M8 グレイハウンド です。いつもの作風とは違いますね。

2019/4/13

 裕行氏の作品です。 Yak-130が完成しました。
 鈴木会員の作品です。 例会ではお披露目されていなかったので持参しました。
 今泉会員の作品です。 マガフ6B ガル バタシュ です。 キットはアカデミーです。 装甲表面処理がすばらしいです。AFVモデラーの本領発揮です。

2019/4/6

 部会を開催しました。
 伊藤会員(帝王)の作品です。 C型ベースのA-4Pです。 1/48 モノグラム改造です。 あれ?モノグラムにC型ってあったかな?と思った人、するどい。 なんとE型をC型に改造してそれをアルゼンチン空軍のA-4Pにしています。 こだわりあってのことですが、凄すぎです。
 同じく伊藤会員(帝王)の作品です。 アルゼンチン空軍のミラージュⅢEとミラージュ5です。 キットはエッシーです。いい感じですね。
 自分(清水会員)が製作しているバーラムはほぼ完成です。
 新森会員が以前から製作していた架空機が完成しました。 ツッコミどころ満載ですね。 でもなんかいいですね。
 同じく新森会員の作品です。 動力銃座を載せるとこうなるんですね。バランス悪いなぁ~~
 さて、動力銃座を取られたほうも進んでいます。どうなるのか楽しみです。
 鈴木会員の作品です。 奥はウルフパックのF-5A スコシタイガーです。 手前はホビーボスのF-5E タイガーⅡです。 ウルフパックは少し組みにくいところがあり、ホビーボスは表面がザラザラだそうで。 ともに1/72です。
 今泉会員の作品です。 トランペッターのシーホーネットはなぜ翼をたたまなかったのかと言われていましたが、今泉会員はたたみたくなかったと主張していました。

2019/3/30

 新森会員の作品です。 隼はフジミ、ドーラはタミヤです。 フジミの隼は良いキットですね。個人的にはカウリングが気になりますけど。
 どらえもんさんの作品です。 レベル 1/32 P-51 です。 なんと新金型のキットなんですね。 機首のイエローはどんな色調で塗装するかで好みがわかれました。
 加藤会員の作品です。 ついに完成しました。 いつも通りの独特な塗装です。 デカールは意地で強引にキットのを使用したそうです。 この頃のハセガワのキットは形がいいですね。

2019/3/16

 自分(清水会員)の作品です。 U-ボートはレベルの1/350です。 雰囲気はいいです。 今はホビーボスやAFVクラブもあり選択肢が増えていいですね。
 今泉会員が製作している スカイレイ です。 マーキングはカッコイイのが多いので楽しみです。
 鈴木会員の作品です。 エアフィックスの ウォーラス です。 モールドがビッシリでディティールはいいです。 しかし、犠牲になっている箇所もあるのでスイスイとはいかないようです。
 今泉会員のBf109を囲む、新森会員の作品たち。 ドラウイングのBf109は形や寸法など、どうもおかしいようです。
 森会員の作品です。 1/72 Fw190A-4 です。メーカーはなんとズベズダです。 形はいいですね。 モールドはきれいで脚庫もディティールがあり、良い感じです。

2019/3/9

 部会を開催しました。 今回もテーブルいっぱいに作品が並びました。
 佐伯会員の作品です。 キングモグラです。 かなり昔のキットだろうと思いましたが、なんとミドリ商会というメーカーのかなりのレアキットでした。
 樫山会員の作品です。 はしだて です。迎賓艦というのでしょうか? パーティーなどのもてなしをする専用の船だそうです。 メタルキットをここまで仕上げる技量はさすがですね。
 サクラメントの大きさが目立ちます。 補給艦は大きいですね。護衛艦の新型はフリゲート艦という話題になりました。
 鈴木一幸さんの作品です。 ホビークラフトカナダのアローです。 SFメカのようですが実際に開発されていた機体です。 しかし大きいですね。
 同じく鈴木一幸さんの作品です。 ドイツレベル 1/72 F-101B です。 これまた大きいですね。 のちのF-4 ファントムⅡに繋がるラインが確認できますね。 これにデーモンを足したらファントムⅡになるというのも納得です。
 同じく鈴木一幸さんの作品です。 こちらはハセガワのRFを改造して単座のA型にした作品です。自然過ぎてこういうキットがあるんだと勘違いしてしまいました。
 同じく鈴木一幸さんの作品です。 プラッツ 1/72 T-2 です。 普通に組むのも大変なキットだそうですが、尚且つXT-2に改造しています。さすがです。 実機を見てからいつかこれを作りたかったそうです。
 同じく鈴木一幸さんの作品です。 RSモデル 1/72 P-51H です。H型をチョイスするとはマニアックですね。 とてもきれいな仕上がりです。 スパイトフルみたいだという声が聞かれましたが、同じマーリン系エンジンで層流翼ということもあり、似てしまうんですね。
 今泉会員の作品です。 トライマスター 1/48 Fw190A-8 です。 メッサーシュミットに加え、フォッケウルフも続々と完成していますね。
 新森会員は隼や九七戦が完成していました。 ホビーショーのお題をもうそろそろ始めないと間に合わないのでは?と心配されていました。

2019/3/2

 新森会員が製作している、九七戦と隼1型です。 九七戦はマニア、隼1型はマガジンキットです。
 鈴木会員の作品です。 マガジンキットの隼1型とタミヤのスピットファイア Mk.1 です。 旧キットと比べてみると違いがよくわかりますね。
 こちらは旧キットです。やっぱり新キットはいいですね。 新キットが出たのでこのキットは絶版になってしまうのでしょうか? 旧キットもとても良いキットなので、もったいないですね。 
 自分(清水会員)の作品です。 イタレリ 1/35 S.L.C 200 Maiale とガネットです。 イタレリのマイアーレはディティールがすばらしいキットですよ。
 村田会員の作品です。 イタレリ 1/48 シーハリケーンです。 エンジンやエンジン架も再現されていますが、見えなくなってしまうんですよね。
 黒窯会員製作のBMW MINI です。 本職は塗装が違いますね。
 今泉会員の作品です。 BT400魚雷爆弾搭載型です。 タミヤのキットにドラゴンのキットから大型垂直尾翼をコンバートした作品です。 爆弾は以前に製作したトライマスターの余りパーツを流用したそうです。
 細田会員の作品。 アンドロメダ級3番間艦 アポロノームです。 しかしすごいデザインですね。

2019/2/16

 裕行氏の作品です。 キネティックのM-346とキティホークのYak-130です。 Yak-130はズベズダからも出ますね。 
 加藤会員が製作しているP-38は塗装に入りました。
 竹下会員が製作しているハスラーです。 仕事が忙しくて進まないみたいです。 多少時間があっても気力がなくて手が動かないと嘆いていました。

2019/2/10

 部会を開催しました。 今回もイギリス強めです。 ガネットは全然進みません。 バッカニアはPMC空技廠の倉光さんの作品です。苦労したでしょうね。タンモデルはいつ出るのでしょうか?
 樫山会員の作品です。 1/700のタグボートなのでとても小さいです。それでもこの精密モデリングはすごいです。
 鈴木会員の作品です。 エアフィックス 1/48 シーフューリーです。 さすがエアフィックスらしい雰囲気抜群のキットです。
 クフィルとデルタダガーです。クフィルは1/48ですが、デルタダガーはなんと1/72なんです。 デルタダガーがいかに大きいかがわかります。米軍機は大きいなぁ~
 鈴木一幸さんの作品です。 ミーティアは一気に4機製作していました。 これはそのうちの1機。
 同じく鈴木一幸さんの作品です。 ノボ 1/72 フェアリーデルタ2です。 未だにどこからもリリースされていないので貴重なキットですね。
 同じく鈴木一幸さんの作品です。 Mig-23PDという機体で、 フロッガーの試作機のひとつです。 S-TOL性能を比較した結果、可変翼のほうが有効と判定され、可変翼が採用されたそうです。 アートモデル 1/72 のキットです。 いいですね~すごくカッコイイです。
 同じく鈴木一幸さんの作品です。 エアフィックス 1/72 キャプテンスカーレットのエンジェルインターセプターです。 少し小ぶりで実質的には1/100ぐらいだそうです。 こんな風になるんですね。
 林会員の作品です。 キネティック 1/32 ホーク100シリーズです。 マーキングはオーストラリア空軍です。 1/32ならではの表現ですばらしいですね。
 今泉会員もメッサーシュミットに加えフォッケウルフも完成していました。 またシーファングも完成間近でした。 

2019/2/2

 インフルエンザの影響か、会員が集まりません。 裕行氏の作品。 ホビーボス 1/48 YF-23 です。 自衛隊が採用してしまえばいいって言ったら実際にノースロップ・グラマンは売り込んでいるそうです。 艦乗機案も提案しているとのこと。夢あるね~~
 黒窯会員の作品。 オペルの軍用車両をヨーロッパテイストの民間仕様に仕上げた作品です。 黒窯会員お決まりのカスタムで極めています。
 同じく黒窯会員の作品です。 懐かしいクラウンですね。今となっては新鮮に感じます。 最近この時代の車をよく見かけます。流行かな?

2019/1/19

 細田会員の作品。 ヤマト2202 です。 船体にバルジがついたのが2199との違いだそうです。 良いキットだそうです。 よく見たら色々とディティールアップされています。
 裕行氏のシーハリアーは完成していました。完成するといいなぁと思いますね。
 ガネットは未だにこの状態です。インフルエンザの影響で進みません。自分もかかるかもしれないとヒヤヒヤです。
 新森会員はデファイアントを持ってきたのですが、動力銃座を架空機に持っていってしまったのでどうしようか迷っていました。 動力銃座無しの機体にするか、架空機にするかですね。
 加藤会員はP-38を製作していました。 凸彫りのかなり昔のハセガワのキットです。苦労していますね。

2019/1/12

 今年最初の幕僚会議です。議題は今年の作戦行動についてだったのですがその話はしてないですね(笑) 作品は樫山会員です。相変わらずの凄さです。 右端は鈴木会員の作品です。
 鈴木会員の作品です。 ドラケンはグリーン迷彩のほうを作りたかったそうですが初期ロットと現在では製品内容に違いが見られるようです。仕方なくグレー迷彩にしたそうです。 スピットファイアはさすがタミヤ、すばらしい。これはマストアイテムですね。
 今泉会員の作品です。 月刊メッサーシュミットは続いています。タミヤとエデュアルドを製作していました。
 伊藤会員(帝王)の作品です。 今年に入ってからもう3機が完成しました。ニチモの隼1型と九七式3号艦攻、それとハセガワの紫電改です。 ニチモを選ぶあたり、伊藤会員らしいです。
 今泉会員の作品です。 ホビーボスのミラージュはミラーコートしてピカピカに仕上げていました。 メルカバ3Dとマガフ6Bは表面処理に凝るなど今泉会員らしい作風です。
 新森会員は長い沈黙から目覚めたようです。 ですが、奇天烈兵器を製作していました。動力銃座装備です。元ネタはネットで調べてね。
 こちらは零戦です。金星エンジンでも飛ぶかどうか。いやいや無理だろ。いやいやいやいや・・・・・胴体が折れるね。そうだ、動力銃座の下につっかえ棒をつければいいのだ。それもアリだな。脚を追加した例もあるしね。 
 鈴木会員(金さん)の作品です。 タスカ(現アスカ)のキットです。インテリアも再現されている良いキットだそうです。タスカは組めないと聞いたことがあるのですがそんなことはないそうです。

2019/1/5

 今年最初の例会です。  裕行氏が製作しているハリアーはここまで進みました。 けっこう苦労しているようです。
  自分(清水会員)が製作しているダイナベクターのガネットです。 ここから翼を固定するためのブームを工作します。
 どらえもんさんの作品。  タミヤ 1/35 M3A1です。 オープントップなので内部が良く見えて見応え十分です。